So-net無料ブログ作成
横浜のみなと ブログトップ
前の10件 | -

2018年明けましておめでとうございます_横浜臨港パーク初日の出:20180101 [横浜のみなと]

大晦日、今年も一年とにかく無事で過ごせたことを感謝しつつ、

ビール飲んで、

ウイスキー飲んで、

日本酒を熱燗で飲んで、

P1017049-12.jpg

紅白ではなく、年末に聴きに行ったN響とエッシェンバッハの第9を聴いているうちに、気が遠くなりました。

喉が渇いて目を覚ますと、

P1017042-12.jpg

1月1日、夜明け前の午前4時。

家族は福袋を買いに原宿まで出かけるとのこと。

P1017058-12.jpg

ラフォーレの福袋はすごい争奪戦だとのことで、我が家族ながら…元旦からご苦労様です。 

P1017069-12.jpg

ならば、じぶんは、

危うく寝過ごすところでしたが、

喉が渇いて起きることができたので、

幾分お酒は残りつつも、恒例の初日の出に会いに桜木町まで出かけることに。

P1017070-12.jpg

2018年の横浜の日の出は6時50分ころ。

桜木町の駅に降り立ったのはその1時間くらい前の5時40分くらい。


まだ浜の空は黎明。

でもでも、

この空の色は本当に透き通っていて、きれいなのです。1日の空だと思うと余計です。

P1017084-12.jpg

濃い藍色の空、

地平線には黎明。


今年、生まれたばかりのオレンジの光たちが、もうすぐだよと、新しいきざはしに辿り着いたところ。

P1010034-12.jpg

海の色も。

P1017090-12.jpg

薄ブルーかかった銀色。この時間だけの色です。

P1010048-12.jpg

気が付けば大勢の人になっていました。 そして、

人だけではなく、海鳥たちも静かに初日の出を待っていました。

P1010050-12.jpg

少し早く着きすぎて、じっとしていると寒かったけれど、

何気にスイッチ入れると、

Walkman から流れてきたのは、なんと第9。元旦にもベートーベンでした。

P1010051-12.jpg

抱かれよ あまたの者よ

このくちづけを全世界へ

兄弟達よ 星空の彼方に

愛する父なる神がおられるはず

地にひれ伏さぬのか あまたの者たち

創造主を感じるか 世界よ

星空の彼方に求めよ

星々の彼方に 彼の御方はおられるはず

P1010095-12.jpg

年末にも大掃除が終わってから、フルトベングラーの第9と、

スイトナーのベルリン・シュタッツカペレの第9を聴いて、やっぱり正統派の演奏は良いなと思いましたが、


1月1日、寒さの中で聴いていたのも、じぶんの好きな指揮者、オトマール・スイトナーのもの。

新年を好きな指揮者の第9で迎えることになりました。

P1010102-12.jpg

6時50分が過ぎた頃、

2018年の初日の出が、

P1010113-12.jpg

横浜の港のクレーンと、キリンの間から。

P1010129-14.jpg

思わず、あちらからも、こちらからも歓声が。

綺麗で清々しくて、力強くて、ピュアな今年の太陽が水平線のあちら側から昇ってきました。

P1017133-12.jpg

今年初めての朝の光は神々しく、

P1010135-12.jpg

色んなものを輝かせていきます。

P1010136-12.jpg

巡視船も、

海面も、日の出を待っていた人たちの頬も手も、

海鳥たちも、

P1010165-12.jpg

みんなみんな、等しく、みんなが黄金色に、染まります。

P1017139-12.jpg

今年も世界は日本は、ぼくらは、

色々な危険や難題に出会ってしまうのだと思います。理不尽なことも。

P1010178-12.jpg

それでも、黄金の光は等しくみんなを照らしているんです…。

P1010188-12.jpg

穏やかな一年になるように、みんなが幸せであるように、初日の出に心の中でお祈りしてきました。


今年の初日の出と、二日酔い気味ながらいつもと同じように会うことができました。

帰って来ましたが、冷え切っていたので、速攻 !! 熱々シャワー。ふうーっと生き返ります。

寒かったけれど、とても良いスタートが切れました。

P1017156-12.jpg

今年は、今日から仕事です。

7日間のお休みはあっという間。


年賀状を書いて掃除して、義理の母のところへ挨拶、神田明神への初詣 etc etc…。

お酒をたくさん飲んで、たくさん料理を食べて等をしていたら、あっという間に終わってしまいました。

もう一週間くらい休みたいけれど、そうも言っていられません。

P1010202-12.jpg

ブログも、昨年と同じにきっとあまり書けないと思いますが、今日から2018年、スタートしたいと思います。

P1010207-13.jpg

拙いブログですが、

今年も出会ったものを綴っていきたいと思っています。本も、CD もライヴも、展覧会も、出かけた先でも、色々なものに出会えると良いな。

本年もどうぞお付き合いの程、よろしくお願いします。


" 2018/01/01 Yokohama First sunrise "
nice!(77)  コメント(66) 

横浜臨港パークの日の出& Yonetsu Genshi BOOTLEG :20171223 [横浜のみなと]

"人を疑がえない馬鹿じゃない 信じられる心があるだけ

あなたのとなりで眠りたい

また目覚た朝に あなたと同じ夢を見てますように

今あなたと出会えて ああほんとによかったな

胸に残のこる一番星 寂いのに眩しいのに "  米津玄師 「かいじゅうのマーチ」

PC230006-12.jpg

「いきものがかり」や「レミオロメン」が活動をやめてしまってから、

CD が発売されていつも買っているのは、「パフューム」と「SEKAINO OWARI」くらいになっていました。

でも、テレビの何かの番組でちょっと見して惹かれてしまい、久しぶりに衝動買いをしたCD 、「BOOTLEG 」。


一回聞いてはまってしまい、

それからずっと、通勤の電車の中で散歩のときに、Walkman で聴いています。

PC230036-12.jpg

12月23日、

昼から、母の家で家族集まってのクリスマスのパーティーの予定でしたが、せっかく早起きしたので、

みなとみらいまで濱の日の出を見に出かけてきました。

PC230043-12.jpg

家を5時半過ぎに出てみると、

濱の空は、夜から朝へのグラデーションの刹那の中。


普段見ている観覧車やジェットコースター、道路のガードレール、青信号でさえ、

いつもの表情とは違います。 


不思議な透明な藍色の中。


おとぎ話ではないけれど、朝までの間、

ぼくらに知られずに、不思議な行動をとっていたりするのかもしれないなと、

そんなことを思わせるくらい。

PC230033-12.jpg

桜木町から日本丸と遊園地の横を通り過ぎると、

空は水平線の方から、だんだんとオレンジ色が燃えるように濃くなっていきました。

PC230040-12.jpg

臨海パークに着く頃、

濃い透明な藍色も徐々に薄くなって、まるでモネの「印象派 日の出」みたいな色に。

PC230045-12.jpg

柔らかなパステルカラー、

海の色、銀色のさざ波の上。


はにかみながら夜明けは、薄いオレンジ色に広がって、 やがて、

生まれたての朝の大気をも染めていきます。

PC230052-14.jpg

寒いけれど、冬の夜明け。

何物にも代えがたい景色。

PC230054-12.jpg

ぷかりさん橋の3本マストの帆船の向こう、

PC230093-12.jpg

一際赤く燃える。

PC230090-12.jpg

12月23日6時48分、濵の日の出を迎えることができました。

PC230179-12.jpg

穏やかな冬の日のピュアな生まれたての光たち。

PC230196-12.jpg

米津幻師「BOOTLEG」をいれてきた Walkman を聴きながら、

PC230191-12.jpg

指の感覚がなくなるほど寒いけれど、 でも、

とても、とても、離れることなんてできない。


あっちまで透き通ってしまいそう。

PC230234-12.jpg

パステルカラーの海が、黄金に染まり始めます。

kiuy12.jpg

「BOOTLEG」、アニメ3月のライオンのエンディングの曲「ORION」や、

劇場アニメ「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の主題歌「打ち上げ花火」、

俳優の菅田将暉が2番を歌っている「灰色と青」等、良い曲がたくさん。

ひさしぶりに出会った、はまってしまうCD 。

PC230139-12.jpg

ほとんどの曲、すべて好きですが、

「かいじゅうのマーチ」が今は一番気に入っています。

PC230137-12.jpg

い~つまでも~、絶える~ことなく~、と~もだちでいよう~ ♪

「今日の日はさようなら」の歌詞が、オマージュとしてそのまま引用されているところもあって、

ユニークな曲だけれど、

なにより、聴いていて優しい気持ちにしてくれる曲。

PC230174-12.jpg

"人を疑がえない馬鹿じゃない 信じられる心があるだけ

あなたのとなりで眠りたい

また目覚た朝に あなたと同じ夢を見てますように

今あなたと出会えて ああほんとによかったな ""


初めて聴いた時、電車が多摩川の陸橋を渡る時。猫バスの窓の様に長く伸びた電車の影を見ながら、

じ~んと、こころに響いてきたフレーズとメロディ。

「人を信じられる心があるだけ」って良い言葉です。それと、

「今あなたと出会えて ああほんとによかったな」。


人の出会いは不思議。 そして、人生の宝物です。

PC230291-12.jpg

寒かったけれど、「かいじゅうのマーチ」を聴きながら、綺麗な夜明けの景色を見ることができて、

心の中はほっこりと暖かくなりました。

ただ、写真を撮っていて指先だけではなくて、体全体、かなり凍えていました。

PC230186-12.jpg

ならば、温かいもの !! ^^v

定番の桜木町駅前の立ち食い蕎麦「川村屋」さんで、天玉蕎麦を頂きました。

割り箸をうまく割れないくらいかじかんでいましたが、

ゆっくりと熱々の蕎麦を頂くと、ようやく体は温まって、ぽっかぽっか ^^v

PC230306-12.jpg

なかなか、日の出の散歩には出かけられませんでしたが、この日でかけて良かったな。

素晴らしい景色と色彩でした。

また、今度はもっと暖かくして(ホッカイロなんかを3つくらい持って)、手袋もして、出かけてみよう。

PC240114-12.jpg

23日は家族そろって母の家で一日早かったですが、クリスマスのホームパーティー ♪♪

お酒もたくさん、ご馳走にケーキに、妹の家のワン君も一緒になって楽しい一時を過ごしてきました。

今日はクリスマス本番ですね。

Merry Xmas [クリスマス] !!

みなさんも良いクリスマスを !! ^^

" 2017/12/23 Yokohama Rinkou Park & Yonetsu Genshi BOOTLEG "
nice!(63)  コメント(38) 

横浜大さん橋_飛鳥Ⅱを見に行きましたNo.2& Mendelssohn Symphony No.4 Italian :20171112 [横浜のみなと]

娘に振られて、一人で横浜大さん橋まで「飛鳥Ⅱ」を見に行った12日の散歩の続き。


そう言えば、この前の運慶展では母に振られたし、これで2度続けて降られたことになります。 orz

まあ、二人とも具合が悪かったから仕方ないけれど。 ^^;

PB120137-12.jpg

サイクルウォーク、マリンウォークを通って赤レンガの方に向かいました。

赤レンガにはポルシェがいっぱい。

PB120140-12.jpg

ポルシェ、ポルシェ、ポルシェ・・・・ポルシェ。

あっちにも、こっちにもポルシェ ♪

これだけ並ぶと圧巻です!!

12日は赤レンガ倉庫でイベント、
第10回 EXCITING PORSCHE MEETING が行われたとのことを後で知りましたが、そのせいだったのですね。

それにしてもこれだけの台数をそろえるのってすごーーい @@;


全部でいくらなんだろう? 等、余計なことを思いながらポルシェの群れを眺めていたら、あれれ!!

IMG_9677-12.jpg

大さん橋に、この日目当ての飛鳥Ⅱが入港してくるではありませんか~!!

9時入港との予定で、まだ8時半だからとのんびりしていたら~ !!

これはいけないと、
急ぎ足で象の鼻地区、 BLUE BLUE YOKOHAMA を吹っ飛びで通り過ぎて大さん橋へと向かいました。

IMG_9705-12.jpg

横浜の港に行くと何隻かのタグボートに必ず出会います。

タグボート好きです。

IMG_9724-12.jpg

歌舞伎の黒衣とか、野球のマネージャーとかスコアラーとか、

能舞台の上の後見とか、名画の名脇役とか、

縁の下の力持ち役はとても素敵だなと思います。

IMG_9711-12.jpg

急いで大さん橋へと向かうと、

タグボートが2隻、飛鳥Ⅱを予定の場所に、よいしょよいしょと近づけていました。

PB120163-12.jpg

こんな風に横から押していくのですね。

PB120189-12.jpg

それで、タグボートの前には大きなタイヤが付いているんだ。

IMG_9743-12.jpg

何回も大さん橋に来ていますが、タグボートたちが、

うんしょ、よいしょと、

豪華客船を押していく光景には初めて出会いました。

IMG_9752-12.jpg

係留用のロープは車で引っ張って岸に繋ぐのですね。

船が一隻桟橋に着くのも、色々な人たちの共同作業なのだと初めて知りました。

PB120202-12.jpg

飛鳥Ⅱ、母港横浜に無事到着です。

飛鳥Ⅱの母港は我が横浜港なんです。

PB120208-12.jpg

それにしてもでかいなぁ~!!

全長 241m

全幅 29.6m

先客定員 960人

乗組員数 545人

規模が半端ではないです。 ^^; 街一つ浮かんでいるようなもの?

IMG_9776-12.jpg

値段?

調べてみました。 ロイヤルスイートで一人一泊当たり、200,000円也 !!


一泊だと次の港には着かないから…わぁ ^^;

しばらくは? 眺めるだけにしておこうかと??? ^^;;;;

IMG_9773-12.jpg

朝9時前だし、日曜日だし、

風が強くて寒い日でもあったし、

IMG_9754-12.jpg

大さん橋には人影はまばら。

遮るものはないので風はものすごく、じぶんも吹き飛ばされそう。

上着とベストとマフラーでしっかりと体を包んでいましたが、それでもやっぱり寒い。 ^^;

PB120258-12.jpg

でもこの景色も久しぶりなので、飛鳥Ⅱが入港しても去りがたく、

PB120261-12.jpg

大さん橋からの、秋の大きな空と海の景色に引き付けられていました。

PB120278-12.jpg

船からの景色はきっとこんな風なんだろうなと、

大さん橋の上に立つとそんな風に思います。

イメージの世界。

PB120336-12.jpg

この日、Walkman に入れて連れて行ったのは、

メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」と交響曲第4番「イタリア」でした。

PB120326-12.jpg

クラシックの三大B は?

PB120338-12.jpg

Bach 、Beethoven 、Brahms 、ですが、

自分的には三大M もあります。

PB120317-12.jpg

Mozart 、Mahler 、そして、Mendelssohn 。

三大B はもちろん大好きですが、自分的三大M も大好きで大切な(今ではもしかすると三大Bよりも)作曲家。

PB120321-12.jpg

Mozart とMahler は正当に評価されている作曲家だと思うし、

じぶんも秋の夜長には欠かせないコンポーザーですが、

Mendelssohn はワグナーや、ナチスドイツ等にユダヤ人とのことで阻害され揶揄され排斥され、反ユダヤ主義、

それらが元になって、今日でも正確な評価を受けていないのではないかと思います。

PB120298-12.jpg

2009年は生誕200年。

近年では、ようやく少しずつ、正当な評価が与えられるようになってきたとのこと。


人種差別、宗教の差別等で正しい評価をゆがめるのはひどいなと。

人間は時にバカになり残酷になる…。

PB120351-12.jpg

Mendelssohn 、

コンサートでも以前より曲目に取り上げられる機会が多くなったかもしれません。

じぶんも、12月と来年2月にMendelssohn の交響曲3番「スコットランド」と第5番「宗教改革」のチケットをゲットしています。

Mendelssohn 、
散歩に連れて行くのにじぶんにはぴったりの曲たちです。

特に交響曲第4番「イタリア」は、木管の軽快なメロディで始まりますが、これを聴くといつでもわくわくします。

少しくらい疲れていても、二日酔いでも 外に連れ出してくれる、元気の出る曲です。

アバドの若い頃の録音や、ショルティ、ペーター・マークetc etc …、
何種類かイタリアを聴きましたが、今のお気に入りはマズアとライプツィッヒ・ゲバントハウスのもの。

軽快さが瑞々しさが溢れている良い演奏だと思います。

IMG_9815-12.jpg

この日もそうでした。

寒くても、風が冷たくても、Mendelssohn 、

交響曲4番「イタリア」を聴いていると、こころの中は南国ムードでポッカポカ ♪

IMG_9808-12.jpg

曲を聴きながら海を眺めていたら、

ユリカモメ、

IMG_9796-12.jpg

それにカモメが、朝食の時間なのかな ?

超低空飛行。

IMG_9792-12.jpg

海面に姿が映るくらい、すれすれに何羽も飛んでいきます。

大さん橋だからこそ見られるカモメたちの姿です。

IMG_9859-12.jpg

ゆっくり朝の大さん橋での景色を楽しんで、そろそろ体も冷え切ってきたし帰ることに。

PB120367-12.jpg

関内の駅に向かって、日本大通りを歩きましたが、

PB120368-12.jpg

ここも秋の光たちが溢れていました。

それに、たまに通ると新しい面白いものたちに出会ってしまう 笑。

こんなの前いたっけ? ^^;

PB120372-12.jpg

染まりかけの街路樹の葉っぱ、グラデーションがとってもきれいです。

PB120374-12.jpg

秋の水色の空にとてもマッチしていて、空を見上げるだけで心が晴れやかになっていきます。

それに、ここは大さん橋とは違って冷たい風が吹き荒れていないし、暖かい。

PB120381-12.jpg

まだ朝早いのに、交通規制をしてイベントをやっていました。

高校生のダンスの大会? 元気に若い人たちが頑張っているのを見るのも心に栄養をもらえます。

横浜スタジアムの前でも、これは大学生かな? チアリーディングの練習をしていました。

良い季節、赤レンガではポルシェでしたし、お休みはどこでも色々なイベントが目白押しなのですね。


そう言えば、金曜日、京都に日帰りで出張に行ってきましたが、紅葉はきれいでしたが(写真も少しだけ撮ってきました) 、行きも帰りも新幹線の指定席は満席状態。

掲示板には売り切れの×が並んでいました。 こんなのあまり見たことがありません。

観光シーズンだから ?

幸い、じぶんは早めに指定を買っておいたので、影響なくちゃんと帰ってこれました。 ^^

PB120385-12.jpg

この日の散歩の〆は、神戸屋さんの美味しいパンとキリンの一番搾り黒ビール。

PB120396-12.jpg

チーズのパンとウインナーパンを買ってきました。

朝、お腹が空けばパン屋さんです。他の店はまだ開いていないので、

朝早く出かけた際、お腹が空いた時のありがたいお店です。


" 2017/11/12 AsukaⅡ & Mendelssohn Symphony No.4 Italian "
nice!(68)  コメント(34) 

横浜大さん橋_飛鳥Ⅱを見に行きましたNo.1&小川糸_キラキラ共和国:20171112 [横浜のみなと]

12日の日曜日、飛鳥Ⅱが入港するんだって !!

朝9時なんだけれど

写真撮りに行こうよ ♪ 娘

PB120010-12.jpg

そう言われて、父は6時に起き、出かけるための準備は万端に済ませておきました。

そろそろ起こしてやろうと、

「時間だよ写真撮りに行こう。」

「喉が痛い 具合悪い。」

orz 『少しくらい喉が痛くたっていけるだろう~』 心の声 笑

それでも具合の悪いのは仕方ありません。

PB120027-12.jpg

しばらく文科系のインドアの生活が続いていたし、カメラも触ってないし、

せっかくコーヒーの香りも楽しんで、出かける気満々で準備万端だし ???

一人でも出かけることにしました。


飛鳥Ⅱは、9時に大さん橋に入港なので家は7時半頃に出発。

少し、早めに出て港の辺りを散歩したいと思っていました。

IMG_9541-12.jpg

デイパックには E-M1に12-40、70Dに55-250 の相棒たち。

それに、ジャケットの胸ポケットには新しいWalkman を入れて。


JR桜木町駅に降りてみると本当に言葉通りの清々しい秋の青空。

朝はやっぱり良いなぁ~。何と言っても空気も光も影もみんな清々しいです。好きだなぁ~朝。

しばらく日の出には会っていませんが、次はもう少し早く起きて、日の出にも会いに来ようと思いました。


交差点を渡り日本丸、スカイダック乗り場を通り過ぎて汽車道を赤レンガの方へ。

IMG_9569-12.jpg

キラ☆キラと朝日に反射して海面がいろんな色に輝いています。これも早起きへのご褒美です。 ^^

水鳥たちものんびりと朝の時間を楽しんでいるかのよう。朝はいいよね ♪


それにしても、だいぶ寒くなってきました。

息が白くなる程ではないですが風が強かったこの日、ジャケットの下にベスト、マフラーも巻いてきて良かった。

もう少ししたら朝の散歩には手袋も必要になるのだろうな。

IMG_9567-12.jpg

キラキラ ☆ といえば、

小川糸さんのツバキ文具店の続編が発売されました。

11月の初めに母とオペラ歌曲のコンサートに行った際に、開場時間を待つ間、渋谷東急本店にある丸善さんで、
本を見ながら時間をつぶしました。母もじぶんと同じく読書好きですがその時に見つけた一冊。

「キラキラ共和国」。

出版されていたのを知らなかったので、見つけて嬉しくなって手に取り、そのままレジへと小走り。

なぜだか心臓はドキドキ。

PB120035-12.jpg

コンサートの間もカバンに入れた本が読みたくて気もそぞろ、気が散って仕方ありませんでした。


タイトルの「キラキラ共和国」。解説とかを読まなくても、これはすぐにツバキ文具店の続編だと分かりました。

「キラキラ」、

お隣に住むバーバラ夫人から教えてもらった秘密のおまじない。

IMG_9574-12.jpg

「心の中で,キラキラ,っていうの。」

「目を閉じて,キラキラ,キラキラ,ってそれだけでいいの。」

「そうするとね,心の暗闇にどんどん星が増えて,きれいな星空が広がるの。」

「これをやるとね,辛いこととか,悲しいこととかも,全部きれいな星空に紛れちゃうの。」


鳩子がバーバラ夫人からツバキ文具店の中で教えてもらった、秘密の言葉ですから。

PB120063-12.jpg

キラキラ共和国、

ネタばれになってしまいますが、鳩子はQPちゃんのお父さん、ミツローさん(守景さんです)と結婚することに。

でも、これはツバキ文具店の最後の方で予測できるように、鳩子本人からも語られていたことだったと思います。

PB120068-12.jpg

ツバキ文具店では、
代書屋に訪れるお客さんたちの訳ありな人生模様、そして鳩子の周りの人たちから色々な影響を受け、

なくなってしまっていますが先代と(鳩子のおばあちゃん)鳩子が、家族としての絆を取り戻していく、
そんなお話だったと思います。

マダムカルピスや、おもじのCA さん等からの代書依頼に纏わるお話達、

どれも、短編として読んでも胸が熱くなる素敵なお話でした。

IMG_9576-12.jpg

Jクレオパトラ、リチャード(半)ギア、ヤドカリさん、それにタカヒコ君、今回も色々な代書依頼が舞い込んできて、それぞれのお話はやはり素敵です。

でも、じぶんは鳩子が語っていく、新しい家族づくりのお話に引きずり込まれてしまいました。

IMG_9601-12.jpg

ミツローさんとQPちゃん、そしてQPちゃんの亡くなったお母さんの美雪さんとも、

一緒に本当に心の通った家族となっていく、とっても素敵なお話し。

IMG_9604-12.jpg

最後の方で、美雪さんに、奥さんに、お母さんに、

家族で手紙を書きます。

IMG_9610-12.jpg

美雪さんのことを前から知っているような気持ちになりました。

あー、私この人好きだな、って直感でそう感じたんです。

会いたかったなぁ、美雪さんと会いたかったよ。



私が本気で、

はるちゃんの母親になってしまっても良いですか?

IMG_9616-12.jpg

新幹線の中で読んでいたのですが、

胸がいっぱいで、目頭が熱くなってしまいました。


今でも、鳩子から美雪さんへのこの手紙を読むと、じ~~ん、じ~~んとしてしまいます。

IMG_9620-12.jpg

鳩子と、ミツローさんと、QPちゃん(はるちゃん)、

きっと、きっと、素敵な家族になっていくんだな、そう思いました。

IMG_9635-12.jpg

ツバキ文具店、

ミツローさんの実家の話も出てきたし、男爵の気になることもあるし、

きっと次のお話、続編もあるのではと楽しみにしています。

IMG_9639-12.jpg

新たに加わった鎌倉の美味しいものの名店たち。

ふんわりシュウマイ、カルボナーラのZebrA とか、穴子丼の左可井とか、

そうそうベルグフェルドのハリネズミとかも。

IMG_9640-12.jpg

ノートに書いた「ツバキ文具店美味しいものリスト」 に、また加えなくてはならない店が増えてしまいました。

どこから行こうか? うれしい悩みです。

PB120095-12.jpg

キラ☆キラ

キラキラ ☆ ☆ ☆彡

PB120099-12.jpg

横浜みなとみらいの光たちは、目覚めたばかりのウインドウの中で、

サイクリングの少年のヘルメットの上で、帰って来るタグボートの海面で、

ピュアに美しく輝きます。

PB120105-12.jpg

朝の光たちを見ていたら、ついつい脱線です。 笑

IMG_9655-12.jpg

連れて行った音楽たちを聴きながら、

ひさしぶりの濱散歩 ♪

PB120119-12.jpg

目的の飛鳥Ⅱを見に行かなくては。

PB050010-12.jpg

ひさしぶりに朝の濱散歩に出かけ、思いの外、

たくさんのものに出会い、たくさんの写真を撮ってしまったので、

PB050008-12.jpg

飛鳥Ⅱと大さん橋のことは、次回に続きます。


" 2017/11/12 AsukaⅡ & KiraKira Kyouwakoku "
nice!(61)  コメント(40) 

えーちゃんさん主催横浜オフ会&新しいWalkman :20171009 [横浜のみなと]

超大型の台風21号が先週行ったと思ったら、また、同じような進路で22号が日本に近づいています。

10月も下旬なのに・・・、今年はやはり天候がおかしいです。

PA090001-12.jpg

横浜も雨模様の日が多くて、落ち着いて晴れの日が続いてくれるのはいつからなのかな?

今日も電脳仲間と秋葉に巡回に行こうと思っていたのですが、天気悪いので延期にしました。

秋葉だけでなくて、お台場にも写真を撮りに行こうと言っていたので。 ^^;

PA090006-12.jpg

雨模様のお休み、今日はゆっくりとたまっている本でも読んで過ごそうかなと?

塩野 七生さんと息子さんのアントニオ・シモーネさんの共著 「ローマで語る 」(親子で映画の話)
辻村 深月さん 「ハケンアニメ ! 」
太宰 治 「晩年」
荻原 浩 「オロロ畑でつかまえて」
池井戸 潤 「アキラとあきら」

それから、半分読みかけの マルクス・アウレリウス 「自省録」とか、etc etc…。
ジャンルも年代もバラバラですが、読みたい本がたくさんあります。

PA090009-12.jpg

CD はまたメンデルスゾーン聴いています。
交響曲第4番「イタリア」は元気の出る曲、雨が降っているけれど、これを聴いていれば大丈夫 !!

アバド、ショルティ、ペーター・マークetc etc …何種類か聴きましたが、透明さと清々しさで、クルト・マズアとライプツィヒ・ゲバントハウスオーケストラのが気に入ってます。

もちろんビールも用意してます (笑)

IMG_9494-1.jpg

さて、

とても遅くなってしまいましたが、

10月の連休の最終日に「えいちゃん主催:横浜オフ会」に参加させて頂きました。

あの日は、今とは違って、秋晴れで暑いくらいの天気でした。

日本丸の総帆展帆だったので、これを一度見ようとのことで3連休の最終日に、桜木町駅で待ち合わせです。

IMG_9496-12.jpg

じぶんの家からは自転車だと15分か20分くらい、

電車と歩きでも30分はかかりませんから、総帆展帆は何回か写真を撮りに来たことがあるのですが、

地元でオフ会ということであれば、行かない訳にはいきません。

IMG_9500-12.jpg

日本丸、

見る度、いつでも別嬪さんですが、

やはり、白い帆を張った正装の姿は一番です。

PA090041-12.jpg

日本丸、横浜にいてくれてありがとう。

コスモワールドの観覧車に、

ランドマークタワーに、白い帆の正装の姿は良く映えます。まして、秋の真っ青の空、ブルースカイと、

白く薄くたなびく秋の雲が一緒なら、なおさらです。

IMG_9507-1.jpg

えいちゃんさん、なんだかなぁ~!! 横濱 男さん、斗夢さん、きよたんさんとじぶんと、

別嬪さんの姿を前から、右から、左から、

そして後ろから、ぐるっと一回り、写真を撮りまくってしまいました。

PA090056-12.jpg

船出には、ブラスバンドがないと !!

中学生の方たちでしょうか?

とっても素敵な演奏を聴かせてくれました。パイレーツ・オブ・カリビアン ♪ ぴったりの曲も !!

素敵な曲たちをありがとうございました。

IMG_9514-12.jpg

暑い日だったし、写真を撮っていたら喉が渇きました。

IMG_9524-1.jpg

汽車道を通って、ワールド・ポーターズ、

サイクルウォークの下を抜けて、マリンウォークへ行ってみましたが、良い天気の3連休の最終日ですから、どの店もいっぱい。

地元なのに、皆さんを連れまわしてしまって申し訳なかったです。

何とか、赤レンガまで行ってようやく、

PA090112-12.jpg

いつも、スプリングバレーを頂いている、BEER NEXT さんに入ることができました。

ほっ !! ^^;;

PA090113-12.jpg

斗夢さんは総帆展帆の帆を畳むところを見たいとのことでしたので、いったんここでお別れしました。

残った、お酒好きの4人は、冷たいビールで乾杯です!!

つまみはソーセージの盛り合わせとポテトのみ。

一杯だけのつもりが、やはりそれでは足りずに、みんな2杯目に ^^; 美味しくて冷たいビールを頂きました。

PA090116-12.jpg

オフ会はこれからディープな野毛を散策する予定でしたが、じぶんは急に呼び出しの連絡です。

後ろ髪を引かれながら、この日のオフ会はこれで終了。野毛にはさる1号さんがいらっしゃたとのことで、皆さんのブログを読ませて頂きとても楽しそうで、行けなくて残念でした。

途中でリタイアしてしまって、参加された皆さん、本当にすいませんでした。 m(_ _)m

次回は今回の分まで、飲みたいと? いえいえ、楽しみたいと思っていますので、よろしくお願いします ^^;

PA090120-12.jpg

オフ会が終わった頃のことです。

今まで使っていたWalkman 、真ん中のものが急に音が出なくなりました。

具体的には音量のボリュームが効かないなってしまって、うんともすんとも?

ネットで調べると接触不良のようですが、修理に出すと1万円以上するとか?

ならば新しいものを、とのことで、じぶんとしては5代目のWalkman を急遽購入することに(向かって左)。

PA220006-1.jpg

ヨドバシのポイントがかなりたまっていたので、実質1万円位の出費で新しいものをゲットすることができました。

ハイレゾにも対応しているし、色々と遊べそうです。

音も前のものより、自然な音がするかも?

5代目と今度は仲良くしたいと思っています。 ^^

" 2017/10/09 Minatomirai & 5th My Walkman "
nice!(66)  コメント(40) 

横浜大さん橋&ピカチュウ& Air Supply:20170813 [横浜のみなと]

関東地方は夏らしくない? 長雨の8月になっていて、

気が付けば日テレの24時間テレビの週末。自分的には、夏を味わわないうちに8月も終わってしまいそうです。

IMG_9310-12.jpg

お盆休みも特に何をするでもなく、CD を聴いて本を読んで、ビールを飲んでいるうちに終わってしまいました。


原田マハさんの「アノ二ム」と「いちまいの絵」

小川糸さんの「あつあつを召し上がれ」

ジェームズ・ロリンズ  シグマフォースシリーズ「イヴの迷宮」etc etc…を読みながら、クイクイ(笑)


それでも、さすがにずっと狭い部屋にいると外に出たくなり、

父の仏壇にお線香をあげに母のところへ、

そして、外でビールが飲みたくて大さん橋にも出かけました。

IMG_9316-12.jpg

狭い部屋に飽きて

地元横浜で広い空と海が見たければ、大さん橋です。

P8130051-12.jpg

海岸からの海の景色も良いけれど、

海に突き出している船のような形の大さん橋に行けば、ぐるーっと一回り。

青い空と海に取り囲んでもらうことができます。

P8130057-12.jpg

空がでっかく、海がひろびろ~としていて、100%の解放感 !! 

狭い部屋にずっといたからのせいもあるのでしょうが、


海と空からの風に包まれて、気分爽快 !!  超すっきり !!

やはり、海は良いです。

E-M1 も Walkman も 久々の外出で喜んでくれたみたいです (笑) 。

P8130058-12.jpg

ちょうどこの日は客船が2隻入っていて、大さん橋にいる間に一隻は出航していきました。

今度はどの港に行くのかな ?

船の旅も流行っているそうです。豪華客船で知らない国の知らない街に行ってみたいな。


ベイブリッジの下を外海へと奔っていく客船を見ていたら、海風が頬をビュ~ッ ♪ 

心の中まで爽やかさが吹き抜けて行きました ♬

P8130065-12.jpg

休みに、何か良いCD がないかとネットを覗いていたら、

懐かしいものを見つけてしまいました。

IMG_9328-12.jpg

ソニーから出ている「AOR City 1000」というシリーズ。

AOR、
アダルト・オリエンテッド・ロック(Adult Oriented Rock)と呼ばれる音楽のことですが、

ぼくの好きなTOTO、ビリー・ジョエルやカーラ・ボノフも入っているし、

「ゆるっ」としたくくりのカテゴリだと思います。

IMG_9332-12.jpg

要するに、あまり激しくなくてメロディアスで、聴いていて心地よい大人のロックの曲ってことだと思いますが、

ソニーさんは太っ腹 ?

期間限定で100種類のCD が1,000円で買うことができるとのこと。

せっかく見つけたので、一枚二枚選び HMV でポチッとしました。

P8130088-12.jpg

この日大さん橋に連れて行ったのは、エア・サプライ ♬

P8130090-12.jpg

エア・サプライ、とっても懐かしいです。

むかーーし、湘南や伊豆の方の海岸線をドライブしながら良く聴いていました。

オーストラリア メルボルン出身のバンドで、

クリアなハイトーンボイスのメロディアスな曲を何曲もヒットさせたグループ。

P8130086-12.jpg

エア・サプライ「ロスト・イン・ラブ」、1980年のアメリカデビューのアルバム。 

タイトルになっている「ロスト・イン・ラブ」や「オール・アウト・オブ・ラブ」は誰でもきっとどこかで一度は聴いたことがある曲だと思います。

IMG_9361-12.jpg

やっぱり、夏には、海には、

エア・サプライの曲が似合います。

大さん橋から、手すりに頬杖をついて、

遠くの水平線の方を眺めながら「ロスト・イン・ラブ」を聴いていました。


やっぱり、海風って良いな ♬

P8130096-12.jpg

大さん橋では豪華客船だけでなくて、

横浜の海で働く船たちと会うこともできます。


この可愛い船は、ごみを集めて海の掃除が役割みたいです。

IMG_9362-12.jpg

パイロット船、

IMG_9395-12.jpg

県警の船、

IMG_9397-12.jpg

そして、何といってもタグボート。

IMG_9373-12.jpg

港の働き者たち、

IMG_9374-12.jpg

これらの船たちによって、

IMG_9369-12.jpg

横浜の港は維持でき、守られているのですね。

そんな船たちをファインダー越しに追いかけていたら、

IMG_9401-12.jpg

出かける時、

「後で行くかも?」と言っていた娘からLINE が着信。

P8130102-12.jpg

やはり船が撮りたいとのことで、合流しました。

しばらく客船や大さん橋の写真を撮ってから、

IMG_9411-12.jpg

大さん橋の中に入って一休み。伊藤園の新製品、野菜ジュースを自販機で見つけました。

「ポケべジ」はポケモンのパッケージでした。娘はカビゴン、じぶんはフシギダネ 笑。

野菜ジュースもトマトジュースも結構好きなんです。

P8130110-12.jpg

お盆休みの桜木町駅、みなとみらいはポケモンだらけ !!

IMG_9425-12.jpg

駅前にはたくさんのピカチュウがいたし、

IMG_9424-12.jpg

赤レンガ倉庫の上にはピカチュウの飛行船が飛んでいました。

ポケモン、ピカチュウは既に日本の、いえいえ、世界中の人気者です。秋にも新しいゲームが出るとか。


エア・サプライも懐かしいし、ポケモンも懐かしい。

昔はゲームボーイでポケモンのゲームにはまっていました。


そうそう、今はドラクエⅪ に家族中ではまっています。ゲームを大きな画面でやりたくて、

プレステ4 も新しく買ってしまいました。

P8130121-12.jpg

ずっと部屋にこもっていて薄っすらと埃のたまっていた、こころの風干しもできたし、

写真も撮って、エア・サプライも聴いて・・・、娘も来たし、満足(笑)。


そろそろ帰ります。

IMG_9438-12.jpg

そうそう、何しに来たかというと、外でビールが飲みたかったのでした。 危なく忘れるところ(笑)。


帰りに、

日本大通りの、ランチャン・アヴェニューさんでキリンのクラフトビールを頂きました。

部屋で本を読みながらゆっくり頂くビールも良いですが、

散歩をした後、関内で頂くビールもまた格別な味でした。

P8130124-12.jpg

娘はアップルパイ・アラモードを頼みましたが、

こちらも上はアイスクリーム、下はアップルパイでとても美味しそうでした。

P8130133-12.jpg

うーん、写真見ていたらまた飲みたくなってきました ^^; 笑。

P8130134-12.jpg

暑い夏を乗り切るのは大変だけれど、

夏が去って行ってしまうのは、なんだか寂しい。



若い頃よりも、エネルギーがあふれる夏が好きになっていますが、

その分、過ぎ去っていく夏を見送るのは、少し感傷的になってしまうように思います。


今日は、母と国立能楽堂です。毎年行っている能と狂言。

残された少ない夏の日の一日、楽しんできます。

" 2017/08/13 Yokohama Oosanbashi & Air Supply "
nice!(78)  コメント(46) 

君の膵臓を食べたい & MR.CHILDREN Himarari :20170715 [横浜のみなと]

MR.CHILDREN の懐かしい曲を聴きながら、

3連休の初日の朝、

こころの風干しをしました。


一日の、しかも朝のことだけで少しひっぱり過ぎてしまったけれど、 久しぶりの朝日たち、

コスモワールドの観覧車、

臨港パークのイカリのモニュメント、ぷかりさん橋のシルエット、etc etc ・・・、

濱の風と鳥たちも素敵でした。

P7150129-12.jpg

良いな横浜、

P7150173-12.jpg

良いな懐かしい曲たち。

P7150135-12.jpg

暑かったですが、こころの中がさっぱりして帰って来ました。


その日も、その後も、今も毎日ミスチルを聴き続けていますが、聴きながら、

心を揺さぶられる本、これも「蜜蜂と遠雷」等と同じく遅ればせながらなのですが、

出張の新幹線の行きと帰りで一気に、

続きが気になってしまって読んだ本に出合いました。

P7150141-12.jpg

巷では、「きみすい」と呼ばれている「君の膵臓を食べたい」。

P7150146-12.jpg

帰りの新幹線では、3列の真ん中のB席で、両隣はサラリーマン風の男性たち。

それぞれイヤホンをしてスマホかタブレットを見ながら、ビールを飲んでいました。

その間で、「きみすい」を読んで、目頭が熱くなっている自分。


とても変な絵柄なんだろうなと思いつつも、我慢できなく、

でも、両隣は気が付きそうもないからいいか。

P7150155-12.jpg

小説を読んでこんなに涙が抑えられなくなったことは近頃ではありませんでした。

今でも、【君】と【仲良し】くん(本の中では最後の方までこんな風に呼び合っています)のことを思い出すと、

じーんとその感動がよみがえって来て、かなりずっと余韻が残ってしまう。

P7150198-12.jpg

主人公の【仲良し】(春樹)くんは、病院でクラスメイトの【君】(桜良)が綴った秘密の「共病文庫」

(不治の膵臓病になってからの日記or 遺書)を拾い、膵臓の病気で命が長くないことを知ってしまいます。


家族以外では【君】の病気の秘密を唯一知った【仲良し】くんは、彼女が死ぬ前にやりたいと思うことに、

渋りながらも? 草舟のようだなと思いながらも付き合うことに。


社交的で友達がたくさんいるヒマワリの様な【君】と、教室でも家でも小説ばかり読んでいて、

一人の世界が好きな【仲良し】君。

正反対の2人は、無意識のうちに足りないところを補うように惹かれあっていきます。


自らの死と向かい合う【君】(桜良)とそんな桜良に惹かれていく【仲良し】くん (春樹)。

P7150178-12.jpg

物語は突然の展開に読んでいてびっくりしたけれど、

通夜にも葬式にも行けなかった主人公は、彼女が残した「共病文庫」を読まなければとお線香をあげに彼女のお母さんを訪ねます。

共病文庫を読み進めて、最後に書かれた遺書を読んで・・・、


「もう泣いても良いですか? 」 


彼女のお母さんにことわってからです、

慟哭というのでしょう・・・、大きな声で「あああああああああああああああ!」。

ぼくも涙が止まらなくなりました。


仲の良かった二人のうちの一人がなくなってしまって主人公の気持ちを思ってもですが、

彼女の本当の気持ちと、

自らの気持ちを確信した主人公と、二人の心が本当に通い合っていたのだということ、

ピュアな心を確信すると、もうダメでした。

P7150183-12.jpg

そして、

名前を呼び合わなかったことにも理由があったこと、

P7150231-14.jpg

何よりも「君の膵臓が食べたい」という本のタイトルになった言葉の意味、二人の言いたかったことを知って。

P7150238-12.jpg

友達とか恋人とかでは、到底表せない二人の心の通い合い。

こんなピュアな関係もあるのだなと・・・。


きっかけは、ハプニング的だったのかもしれないけれど、

決して偶然ではなく必然的であって、彼女が言うように、主人公が理解したように、お互いに選択して自分で選んで出会ったのだと。

P7150202-12.jpg

人はそれぞれの性格や価値観、生き方があって生きています。

性格や考え方が似ていて、同じような趣味の相手と付き合うのは容易であって、普通はそんな人と一緒にいるのだと思います。

孤独じゃ、いられないから同じような友達とかと一緒に。

P7150259-12.jpg

でも、

同じ方を見ていない、正反対くらいの人を憧れる、その生き方や考え方に尊敬することもあるのかな ?

そして、それって、

神様がもともとの人を作ったように、二人できちんとそろうように、

二人でパーフェクトになるように・・・、そんな出会いもあるのかなと ?

P7150230-12.jpg

磁石の様に引かれあい、尊敬しあい、違いを理解しあい、一緒にいるだけで・・・、

幸せになる。

「きみすい」、桜良と春樹の関係の様に。

P7150218-12.jpg

尊敬できる親友、相方さん、そんな関係が持てたら一番幸せなのだろうな。

この本を読んでそう思いました。 

P7150242-12.jpg

そんなことを思っていたら、

映画の「きみすい」の主題歌が、ミスチルだということを知りました。

P7150248-12.jpg

「Himawari 」、

もちろんすぐにHMV に頼んで、これも毎日聴いています。

P7150249-12.jpg

" MR.CHILDREN "

優しさの死に化粧で
笑ってるように見せてる
君の覚悟が分かりすぎるから
僕はそっと手を振るだけ

P7280003-1.jpg

「ありがとう」も「さよなら」も
僕らにはもういらない
「全部嘘だよ」そう言って笑う君を
まだ期待してるから

P7280005-1.jpg

いつも
透き通るほど真っ直ぐに
明日へ漕ぎだす君がいる
眩しくて 綺麗で 苦しくなる
暗がりで咲いてるひまわり
嵐が去ったあとの陽だまり
そんな君に僕は恋してた

" Himarari "


映画も見たいと思うのですが、

家族を誘ったけれど無視されました。パイレーツ・オブ・カリビアン の方がいいそうです ^^;


暑いけれど朝ならば少しは ^^

また気に入りの音楽を連れて、濱の港の朝散歩に出かけてみたいと思います。


" 2017/07/15 Minatomirai & MRCHILDREN DAKISHIMETAI & Kimino Suizou Wo Tabetai"

横浜みなとみらい & MR.CHILDREN イノセントワールド :20170717 [横浜のみなと]

"" MR.CHILDREN ""


黄昏の街を背に 抱き合えたあの頃が 胸をかすめる

軽はずみな言葉が 時に人を傷つけた そして君は居ないよ

P7150073-12.jpg

窓に反射する 哀れな自分が

愛しくもある この頃では

Ah 僕は僕のままで ゆずれぬ夢を抱えて

どこまでも歩き続けて行くよ いいだろう ?

Mr.myself

P7150114-12.jpg

いつの日もこの胸に 流れてるメロディー

軽やかに緩やかに 心を伝うよ

陽のあたる坂道を 昇るその前に

また何処かで会えるといいな イノセントワールド

"" INNOCENT WORLD ""

P7150121-12.jpg

日の出の後の

少しけだるい感じのこの一瞬も

好きな時間。

P7150087-12.jpg

色彩たちの爆発の後、

太陽が身支度を整えるまでの一瞬のモラトリアムの刹那。

P7150130-12.jpg

Mr.CHILDREN のイノセントワールドを聴きながら過ごしました。

P7150136-12.jpg

ピュアな汚れのない素直なこころ、

P7150137-12.jpg

どこか心の、

P7150138-12.jpg

深い深いところに、きっとどこかにしまっておいたはず。

こんなじぶんでも。

P7150093-12.jpg

この曲を聴いて、こころの奥の奥のひだの部分から、

ちりちりとうずく様、

P7150145-12.jpg

懐かしい感じがしました。

P7150109-12.jpg

さりげなく毎日を過ごすうちに、

そんな感じが、

こころがあったことも忘れてしまって。

P7150151-12.jpg

そう言えば、昔、

そんなこと達と向かい合って、

P7150147-12.jpg

いつもお酒を飲みながら、心の中で話をしていたっけ・・・。

P7150115-12.jpg

"" MR.CHILDREN INNOCENT WORLD ""


いつの日も この胸に流れてる メロディー切なくて 優しくて 心が痛いよ

陽のあたる坂道を昇る その前にまた何処かで 会えるといいな

P7150124-12.jpg

その時は笑って 虹の彼方へ放つのさ

イノセントワールド 果てしなく続く

イノセントワールド


P7150163-12.jpg

梅雨と真夏のはざまの湿気をたっぷりと含んだ濱の朝日を見ながら、

Mr.CHILDREN イノセントワールドを聴いていました。


広い空と海と朝のピュアな風は、忘れていたものを思い出させてくれる。

たまには、こころの風干しをしないといけないかもしれない・・・。

P7280002-1.jpg

さて、そろそろ次の場所へ。

次は何の曲にしようか。



" 2017/07/15 Minatomirai & MRCHILDREN INNOCENT WORLD "

横浜みなとみらい & MR.CHILDREN 君がいた夏:20170717 [横浜のみなと]

懐かしい曲も、

たまには聴きたくなるもの。

P7150016-12.jpg

懐かしい曲 、

じぶんにとっては、

オフコース、小田さん、風、さだまさし etc etc ・・・

P7150009-12.jpg

それから、いきものがたりとレミオロメンと、

P7150012-12.jpg

この日に久しぶりに聴いた

MR.CHILDREN も。

P7150032-12.jpg

3連休の最初の日の朝、

Walkman に届いたばかりの MR.CHILDREN 1992-1995 を入れ、

始発から2番目の電車に乗って、

P7150041-12.jpg

桜木町で降りました。

P7150039-12.jpg

今の横浜の日の出は4時半ごろ。

さすがに日の出を見るには早過ぎ。

P7150044-12.jpg

それでも、濱の朝の景色を久しぶりに MR.CHILDREN を聴きながら見たいなと、

ゴールドブレンドを飲んでシャキッ !!

頑張って出かけて来ました。

P7150053-12.jpg

誰もいない桜木町の駅、

コスモワールドの観覧車も、日本丸も、ハマウィングも・・・、みんなみんなまだ微睡の中。


昇ったばかりの朝日の方、

臨港パークに向かって歩きながら、

Walkman で懐かしい MR.CHILDREN の曲。

P7150067-12.jpg

「君のいた夏」


夕暮れの海に ほほを染めた君が

誰よりも 何よりも 一番好きだった

二人していつも あの海を見てたね

日に焼けた お互いの肩にもたれたまま

一日中 笑ってた

P7150074-12.jpg

キリンぐらい首を 長くしてずっと

待っていたのが まるで夢のように

また夏が終わる もうさよならだね

P7150066-12.jpg

時は二人を 引き離して行く

おもちゃの時計の針を戻しても

何も変わらない Oh I will miss you

P7150093-14.jpg

夏は始まったばかりで、夕暮れではなくて朝だけれど、

この日の散歩は「君のいた夏」から。

P7150076-12.jpg

でも、このシチュエーションに結構合っていたんです。 


じぶんでも、

夏の海を見ていると思い出します、色んなこと。


学生の頃の夏合宿、房総の寮と海辺の花火、

透明な夜聴いたずっと遠くまで続く優しい波の音、

頬にあたる134号の海風、少ししょっぱかったおにぎりの味、

シュノーケルとフィンと魚の群れ、

小さな浮き輪が揺れたきらきら輝く愛おしい波の色 etc etc・・・。



この後、次の曲を聴きながら久しぶりの臨港パークへ向かいました。

" 2017/07/15 Minatomirai & MRCHILDREN Kiminoita Natsu"

横浜みなとみらい_名残の桜と日本丸のお祝い&Spyro Gyra Morning Dance:20170416 [横浜のみなと]

ほぼほぼ一週間布団にこもり、

窓からの太陽の光が作り出す模様の変化と、

「流れていくんだ」

ゆっくりと流れていくのに馬鹿みたいだけれど、改めて気が付いて、

窓の外の白い雲ばかりを眺めていました。

P4160002-12.jpg

39℃近くが延べで5日間も続くと、体も蓄えていたエネルギー総動員でインフルと戦っている訳で、

熱が下がれば、かなり薄っぺらなものへと変わっています。

P4160016-12.jpg

部屋の天井と壁とは飽きました (笑) 。

ゴールデンウィークは残りがあるし、エネルギーを補充して後半戦は挽回して楽しもうと思います。

P4160011-12.jpg

まだ熱を出す前のこと、

4月16日の日曜日の朝、バイトに向かう娘と一緒に家を出て、

P4160028-12.jpg

「横浜みなとみらい」へ E-M1 と E-M5 の相棒たちと、Walkman を連れてぶらっとしてきました。

P4160068-12.jpg

ユリカモメもそろそろガングロの夏向きの姿に変わりつつある頃、

P4160078-12.jpg

汽車道は、

P4160275-12.jpg

大島桜も、

P4160274-12.jpg

ソメイヨシノも、

花びらが多く落ちて、柔らかな葉っぱたちが元気な黄緑色に。


桜たちの季節は終わってしまうけれど、初々しい緑の季節もピュアな光がまぶしい季節。

歩くだけでとても気持ち良いです。

P4160137-12.jpg

赤レンガに向かうと、

この前の朧月夜の晩は暗くて、あまり色彩が分かりませんでしたが、

P4160076-12.jpg

春らしい黄色、赤に紫、 etc etc … ♪

色鮮やかなお花畑が広がっていました。

P4160153-12.jpg

アフロヘアの「ガーデンベア」も可愛いです。

P4160083-12.jpg

濱には新緑と花たちの色彩が良く似合います。

P4160098-12.jpg

まだ時間も早いので、横浜赤レンガ倉庫もそれほど混みあってはいません。

P4160100-12.jpg

「NAKANIwA(ナカニワ) ~FLOWER GARDEN 15th anniversary~」も昼間だと全然違った雰囲気でした。

P4160102-12.jpg

ちなみにゴールデンウィークの赤レンガでは、

「ヨコハマフリューリングスフェスト2017」がNAKANIwA に代わって開催中です。

ドイツの春祭りを再現し、移動遊園地とビールのお祭りだそうです。

P4160198-12.jpg

自分も体調が回復したら出かけて、美味しいドイツビールをまた頂きたいと思います。

冷え冷えの美味しいビールが飲みたい !! 笑

P4160246-1 2.jpg

Walkman にはアメリカのフュージョングループのスパイロ・ジャイラ、

「Morning Dance」を入れて行きました。

P4160254-12.jpg

むか~し買ったLP も持っているのですが、
HMV でリマスター版のCD が発売されているのを知ってCD でも買ったもの。

P4160144-12.jpg

フュージョンも昔は良く聴きました。

ドライブをしながら聴くにはぴったりのフュージョン・ミュージックでしたが、

青空が清々しい濵を散歩しながら聴くにもぴったりです。

P4160146-12.jpg

スティール・ドラムで始まって、その後にジェイ・ベッケンスタインのサックスが颯爽と入ってきます。

マラカスが軽快にリズムを刻む中、マリンバ、キーボードが旋律を引き継いで、再びジェイ・ベッケンスタインのサックスに ♪

聴けば誰でもどこかで聴いたことがきっとある曲だと思います、
優しくて軽やかで、こころがウキウキしてくるタイトルにもなっている「Morning Dance」を聴きながら、マリンウォーク、ワールドポーターズへとてくてくてく ♪ ♪ ♪

P4160260-12.jpg

この日のオバマ氏は帽子でおしゃれ!!

P4160262-12.jpg

良かった、

C3PO はまだ売れていません (笑) 。

P4160163-12.jpg

再び汽車道ですが、今度は運河沿い、

P4160175-12.jpg

道の下側を通ってみました。

P4160186-12.jpg

ソメイヨシノはたくさん花を落としていましたが、

ピンクの額の色が、名残の桜色、

これもとても綺麗です。

P4160200-12.jpg

桜は、

つぼみが開く頃、

満開に近づく頃、 朧の夜も、日の出の頃も、

花びらを散らすときも、

そして、額のピンクを残す頃も、

P4160202-12.jpg

どの時も、それぞれの美しさ。

そして、

散ってまでも、ぼくらを楽しませてくれるのですね。

濱のハト君も、うっとり眺めていました。 ^^

P4160300-12.jpg

この日の目的の一つでした。

P4160207-12.jpg

今年度初めての総帆展帆が行われたので、

P4160220-12.jpg

日本丸へ !!

P4160224-12.jpg

横浜みなとみらいの日本丸メモリアルパークにある「日本丸」が、国の重要文化財に指定されることになったそうです。

今回の総帆展帆はそれを記念してのイベントであるとのこと。

P4160319-12.jpg

日本丸メモリアルパークお知らせによると、次のことが評価されたそうです。

❖帆船日本丸は、①戦前戦後の長きにわたり船員養成を担い、わが国海運業の発展に貢献 するとともに、②ディーゼル機関導入期に国内技術で開発された船舶用ディーゼル機関を 搭載した③希少な横肋骨方式、リベット構造船です。また④航海日誌や機関長日誌類、建 造時の図面類に加え、船体・機関の来歴簿や検査手帳類など残っており、大型帆船の構造、 艤装をよく伝え、わが国の海運史、造船技術史上貴重であることが評価されました。

P4160230-12.jpg

これはとっても嬉しいニュース b^^

我が街の日本丸が、国の重要な財産であると認定されたことは、市民としてとっても嬉しい。

良かったね、日本丸。 ^^

でも、これだけ美しい貴婦人の様な姿であれば、当然のことかもしれない(なんてね? 笑 )。

P4160235-12.jpg

おやっ、マストに赤いこいのぼりが !! ^^


そこそこ1時間半くらいの横浜みなとみらい、ぶらぶらコースの散歩でしたが、色んなものに会えた散歩でした。

やっぱり良いなぁ~横浜。

青い空と海と、この季節の爽やかな海風 ♪

花もたくさん咲いていて、最高の季節です。

P4160249-12.jpg

以前のことを思い出して記事を書いていたら、みなとみらいに無性に出かけたくなっています。

それに、行けば美味しい冷たーーい!! ビールも待っています。

誘惑されるなぁ~!! ^^:

体力付けて、明日には出かけたいなぁと  ^^;;;;



" 2017/04/16 Yokohama Minato Mirai Last Cherry blossoms & Nihonnmaru "
前の10件 | - 横浜のみなと ブログトップ