So-net無料ブログ作成

夏旅一日目 マリンライナー&うずしお&徳島の美味しいもの :20170819 [訪れたところ色々]

岡山駅には少し早めに着きましたが、在来線のホームには初めて会うJR西日本の電車たちが何両も ♪

少しくらい時間があっても飽きはしませんでした。

P8190149-12.jpg

色々な電車に会えるのも旅の楽しみの一つです。

JR四国の「南風」2000系にも出会ってしまいました。 

いえ、決して「鉄」ではなく普通のブロガー? (最近更新少ないですが… ^^; ) です、じぶん。

P8190151-12.jpg

興味津々、

色々な車両を観察していると、四国までじぶんたちを乗せて行ってくれるマリンライナー37号が入線です。

P8190157-12.jpg

席は2階建車両の1階の席でした。2階が良かったけれど、2階席はグリーン席なのだそうです。


四国への電車旅のはじまりは、えっ、これで出発なの ?

思ったよりあっさり。

出発のベルの合図にも気付かないまま、マリンライナーは静かに走り始めました。

P8190161-12.jpg

岡山の街や山や緑の景色を楽しんでいると、瀬戸大橋です。


瀬戸内海の穏やかな海。

ぽっかり浮かぶ緑の帽子を被ったような島々の海景色。


絵にかいたような瀬戸内の穏やかな眺望を眺めながら、瀬戸大橋の上を走っているのだなぁと、しみじみ。


ただ、1階の席だから?

ところどころ橋の壁があって見られない景色の箇所がありました。指定席なら2階のグリーンにしないといけなかったかな ?
指定でなくて2階建てでない、後ろの普通車の方が良かったかな ? 等と。


それでも、初めての瀬戸大橋からの景色はのんびりと長閑。


この景色を眺めていると、そんなことは些細なこと。

時間はゆるゆる、ゆるゆると流れ始めている様な感じに。

P8190167-12.jpg

岡山を出発して約1時間、電車は時刻通り、四国、高松に着きました。

高松も何回か訪れたことのあるじぶんの好きな街。琴電と讃岐うどんと、アニメ「金色蹴鞠」の街ですが、今回は乗り換えだけです。

およそ7分の乗り換えで「うずしお17号」に。

四国では電車は琴電にしか乗ったことがなかったので、初めてのJR。

P8190173-12.jpg

うずしお17号に乗りこめば、指定席は1号車1番A席。

なななんとーーっ!! 運転席の後ろの席でした。

P8190181-12.jpg

単線で線路の幅が狭いのに、こんなにスピード出すのかぁ~!!

そりゃ、特急だからなぁ~!!

鉄橋の柱はビュンビュン過ぎ去るし、

人家の間をまるで、あの江ノ電の様に縫って通るし、

しかも特急だし~!! ^^;

カーブの箇所などではまじかぁ~ !!  線路から飛び出すではないかぁ~!!


指定席、1号車1番A席は、刺激多過ぎでした~ぁ!! ^^;;;;

P8190188-12.jpg

高松から徳島への「うずしお」の旅、面白かった、迫力満点の電車旅でした。 ^^;

P8190184-12.jpg

徳島へも約1時間で到着。

ホテルは駅の上のホテルでしたが、窓から下を覗けば、

なななんとーーーっ!! JR の車両がたくさん。これは飽きない景色、ラッキーです!! 笑

P8190196-12.jpg

一休みして、少し早めの晩御飯を食べに行くことに。

ネットやホテルに置かれていた案内書を斜め読みして、一軒の居酒屋さんに行くことにしました。

地方の美味しいもの、名物をお安く頂くには居酒屋さんがやはりいいのかなと?


途中、岡山でお城と後楽園を見てきましたが、新横浜を出て通算6時間弱の電車の旅でした。

先ずは冷たいビールでお疲れ様 !!

P8190197-12.jpg

徳島と言えば、やはり鯛の刺身、

ぷりぷり、こりこりでとても美味しかった。

P8190198-12.jpg

徳島餃子。

知りませんでしたが、徳島も餃子が有名なんですね。

徳島野菜がたっぷりの具とプリプリの集めの皮が特徴なんだそうです。

P8190201-12.jpg

れんこんのはさみ揚げ、

次の日はバスに乗ったのですが、徳島はれんこん畑がたくさんでした。

れんこんがたくさん採れるところなのですね。これも名物のシャキシャキれんこんのはさみ揚げ。

P8190204-12.jpg

四国ですから、

カツオのたたきも頂きました。わらの香りがほんのりとしましたが、これは家庭では出せないお味。

P8190207-12.jpg

アニメ金色蹴鞠で出てきましたが、まだ食べたことのなかった骨付き鳥も頂きました。

ヒナと親鳥と2種類あり、それぞれ趣が違ってどちらも美味しいようでしたが、お店の方のお勧めでこの日はヒナの方を頂きました。

ニンニクが効いていて、スパイシー。付け合わせのキャベツと一緒に頂くとこれはまた違った感じでとても美味しかったです。

そうそう、主人公宗太の友人、なかじ-こと中島が確かこの骨付き鳥が大好物でした。

P8190210-12.jpg

フィッシュカツ?

マックのフィレオフィッシュみたいな物かと思いオーダーすると、

魚の練り物、つみれやさつま揚げ? 松山で食べたじゃこ天風なものをフライにしたものが出てきました。

徳島で「カツ」と言えば、このフィッシュカツなのだそうです。徳島のソウルフードとも?


ホテルの朝食にもこのカツがありましたが、ホテルのものはカレーの味がしていました。

色々な味のバリエーションがあるのかもしれません。

P8190216-12.jpg

はじめに覗いたら、お客さんいっぱいで入れないかと思ったお店でしたが、

尋ねると2階と3階もあって広いお店でした。

じぶんたちは2階の座敷の席に案内されましたが、1階の椅子とテーブル席は満員だったものの、こちらは貸し切り状態。

徳島の美味しいものをのんびり、味わうことができました。

P8190218-12.jpg

ホテルからすぐのところにあった「ひら井」さん、

美味しく徳島の名物をたくさん、頂くことができました。

P8190219-12.jpg

お腹いっぱい!!

P8190221-12.jpg

次の日は朝早く8時のバスに乗るので、この後、すぐに就寝。

これも楽しみにしていたところ? に向かう予定です。

おやすみなさい ZZZZZZZZZZZZZZZZ ^^

" 2017/08/19 Tokushima "
nice!(69)  コメント(40)