So-net無料ブログ作成

北鎌倉東慶寺_イワタバコに会えました&山田和樹マーラー8番演奏会のこと:20170611 [鎌倉]

イワタバコとイワガラミ、

それにもちろん、紫陽花のことも気になっていました。

P6110214-12.jpg

ここのところ休みは、

渋谷 Bunkamura のオーチャードホールへ、山田和樹さんのマーラーチクルス3年目の
交響曲第8番「千人の交響曲」を聴きに行ったり、

母と妹と食事に元町に出かけたりと、

続けてイベントめいたものがあり、北鎌倉へ出かけることができないでいました。

P6110334-12.jpg

それでも、

食事の際に妹と2人で、白と赤のワインを昼から開けてしまった翌日の日曜日、水をたくさん飲んで ^^;

気になって仕方なかった東慶寺までプチ散歩をしてきました。

P6110218-12.jpg

相棒たちは、E-M1 50-200 と E-510 14-54 、

Walkman には山田和樹さんの「千人の交響曲」を聴いてから、ずっと頭の中で鳴り続いているマーラー交響曲第8番、第2部を入れて連れて行きました。

P6110239-12.jpg

マーラーが8番目に作った交響曲8番変ホ長調、

マーラーにとっても自信作であった様で、自ら「今まで作った7曲は何だったんだろう」とまで言わせた曲です。

コンサートは冒頭から、オーケストラと8人の声楽のソリスト、男女とそれに子供たちの合唱がオーチャードホール内を咆哮するかのような、フォルテシモの極み !!

前から4番目の席でしたが、体全体が質量まで感じる音楽の怒涛の波に包み込まれ、翻弄され、
最初から衝撃の嵐。

P6110246-12.jpg

ライヴではこれまでに一度しか聴いたことがない8番、千人の交響曲と言われる通り、千人とまではいきませんが、この日も合唱を含めて500人くらいは壇上に登っていたんだと思います。

咆哮の一部も素晴らしかったけれど、二部がとても素敵で(8番は4楽章ではなくて一部二部に分かれています)、
人生2度目の千人の交響曲のライヴは、何度もこころは「あちら側」に行ってしまいそうになりました。

P6110253-12.jpg

千人の交響曲第8番は、演奏に多くの人、楽器もピアノやオルガン等たくさんの種類のものが必要なのでコストがかかるのだそうです。

2回演奏しないと採算が合わないので8番だけこの日と前日の2回演奏したこと、

演奏前に指揮者自らの解説の時間がありましたが、その際に、山田和樹さんからお話がありました。

マーラーの曲は人気なので最近は良くコンサートで演奏されますが、そう言えば8番はあまり演奏されません。

それにはそんな理由があったのだと納得しました。


長くなってしまったけれど、その余韻にずっと浸っていて、この日もバーンスタインとウィーンフィルが演奏する8番の第二部と一緒に東慶寺へ行ったのでした。

P6110266-12.jpg

昼近くになって晴れてきたこの日でしたが、じぶんが訪れたのは開門と同時くらいの8時半過ぎ。

北鎌倉の空は薄いグレー色の雲に覆われていて、日差しは時折その隙間を見つけてこぼれてくるくらい。

明るい光あふれた境内で花たちと会いたかったのですが。


でも、花菖蒲も満開でしたし、

白いドクダミ、八重のものも可愛く咲いていました。

P6110277-12.jpg

北鎌倉駅を降りると皆さん明月院の方へ向かわれてしまうので、

東慶寺はいつもより人は多いものの、割と静かに紫陽花たちにも会うことができました。

P6110284-12.jpg

そして・・・、

P6118300-12.jpg

目的のイワタバコたち・・・、

P6110117-12.jpg

じーーっ

P6110126-12.jpg

じーーっ、じーーっ、じーーーっ ♪

P6110144-12.jpg

可愛い宇宙人君たちが今年も大きく目を見開いて、崖の上から見下ろしてくれていました。

P6110166-12.jpg

すこーしだけ遅かったかもしれません、花を落としているものもありました。

それでもいつも通りのとても可愛い姿に会えてほっとしました。


2017年の花暦、イワタバコの頁も無事に捲ることができました。

P6110169-12.jpg

この花も北鎌倉を散歩して初めて知った花です。

一目見た時に、H.G.ウェルズの宇宙人を思い起こしてしまいました。

もちろんこちらは侵略者ではなく、とても可愛い宇宙人なのですが、それからイワタバコは自分の中では北鎌倉の紫の宇宙人になりました。

P6110179-12.jpg

東慶寺にはここの崖のところと、用堂尼の墓のところ、そして奥の墓地にもたくさんのイワタバコが咲きます。

P6110180-12.jpg

東慶寺は、可愛い紫の宇宙人だらけです (笑)

-1.jpg

もちろん、この時期の北鎌倉の主役、紫陽花たちもとってもきれいに咲いていました。

P6110345-12.jpg

柏葉紫陽花、

西洋紫陽花、

額紫陽花たちも。

P6110300-12.jpg

東慶寺には色々な種類の紫陽花が咲いています。

P6110303-12.jpg

時間がない場合は、北鎌倉東慶寺で鎌倉の紫陽花に会うのもいいかもしれません。


上を見ると、おや、

梅には実がたくさん付いていました。これも可愛いくて美味しそう。

P6110308-12.jpg

そして、井戸の後ろの方を見れば、

緑の葉っぱにまるで雪が積もったように、ヤマボウシの真っ白な花が咲いていました。

P6110312-12.jpg

その後ろの崖のところには、

P6110319-12.jpg

これも真っ白な花を付けたイワガラミが・・・。

この日が本堂裏のイワガラミの公開の最終日でしたが、公開の時間は昼過ぎからということで、それまでにはまだまだ時間があり過ぎでした。

それまでは待てないな、

今年は会えないなと諦めかけたところで、

ヤマボウシの後ろの崖のところに咲いているのを見つけました。下ばかりでなく梅の実を見てのお陰です。

とっても嬉しかった。

P6110322-12.jpg

短い時間でしたが、

イワタバコ、ヤマボウシ、紫陽花たち、そしてイワガラミにまでも会うことができて、

P6118346-12.jpg

素敵な素敵な北鎌倉プチ散歩でした。

P6110324-12.jpg

マーラーの8番は、ブーレーズがシュターツカペレ・ベルリンを指揮した演奏が一番のお気に入りなのですが、

この日連れて行ったバーンスタインとウィーンフィルのものも久しぶりに聴きましたが、甲乙つけがたいです。

ライヴ録音で、バーンスタインがドンッと何度も足で床を踏みつける音が聞こえてきます。指揮をしながら暑くなっていくのが伝わってきます。

ウィーンフィルの響きは艶があって美しいし、ウィーン少年合唱団の声のピュアなこと、写真を撮りながら素晴らしい演奏に感動しながらずっと聴いていました。

P6110343-12.jpg

そんなことを思い出しながら、パソコンに向かっているこの時も、ビールを飲みながらマーラーの8番です ^^

P6110367-12.jpg

音楽良いな、

バーンスタインとウィーンフィル良いな、

マーラー良いな ♪


休みに昼間から家飲みも良いな (笑)

P6188369-12.jpg

昨日は、きよたんさん主催、" 飲み会プロデューサー " えいちゃんさんの、王子集合都電オフ会に参加させて頂きました。

梅雨時とは思えないビーカンの晴れの天気の中、半日以上とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

上野での打ち上げ、飲み会もとても楽しかった。

そのことは、ブログにも載せたいと思っていますが、幹事さん、そして参加された皆さん、

本当に楽しい時間をありがとうございました。 m(_ _)m


" 2017/06/11 Kitakamakura Tokeiji Iwatabako & Mahler Symphony No.8 "